↓ メニューの右クリック!「新しいタブで開く」を選択すると広い画面で見られます!
 

原っこニュース

【原っこニュース】 >> 記事詳細

2018/03/14

明日は卒業式です。

| by h-itou
昨日3月13日は,卒業式予行が行われました。
これまでいろいろお世話いただいた6年生に感謝の気持ちを届けようと,1~5年生のみんなも精一杯歌や送る言葉を頑張っています。

そして,主役となる6年生。小原木小学校最後の卒業生として,思いを込めて取り組んでいます。下級生はその姿から多くのことを学んでいます。

明日の卒業式の卒業の言葉の中で,理子さんの作曲した『心に咲く花』,そして菊本るり子先生が作曲した『前へ!』を歌います。そして,子どもたちを支援しようと,菊本るり子先生が本日お出でいただき,歌唱指導していただきました。明日の卒業式でも,菊本先生はピアノ伴奏をしていただきます。

そして,今日すてきなプレゼントが届きました。

群馬県にお住まいの理子さんからです。

たくさんの方々から温かく見守られている6年生ですね。
17:48 | 投票する | 投票数(7) | 学校行事

原小TOP「お知らせ」

H29年度
12345
2018/06/27

6/27 「一歩」のテレビ放送ありがとうございました!

| by web担当
5時15分頃からの放送でした。
東京都の中神小学校,群馬県の小野小学校唐桑小学校の子供たちが一緒に「一歩」を歌っているような画面の切替で番組が始まりました。
・東日本大震災以降、子供たちに寄り添って学校ボランティアとして活動した中内祥子さんが作詞し小原木小学校に贈った曲「一歩」が全国の学校に広がっていることを紹介してくださいました。
・全国・海外からいただいた数々の温かいご支援があって、「一歩」があって子供たちはしっかり育ってきました!
・改めてこれまで6年間に渡って多くの方々から応援していただいた物心両面での御支援に感謝の気持ちをお伝えします。ありがとうございました!
※小原木小の「きららき宝物ソングⅠ『一歩
』」は、唐桑小に引き継がれています!

【視聴者からのメッセージ
が番組の最後に紹介されました。
<ツイッター>
・東日本大震災は子供たちから自由や笑顔,子供らしさをまでを奪った。一人じゃない心はいつもそばに、子供たちの心細さに寄り添う優しい歌詞に涙が溢れました。
<メール>
・歌を通して震災のことを忘れない、被災者の心に寄り添う気持ちをいつまでも持ち続けることが大切だと思いました。
<ツイッター>
・歌が生まれた小原木小学校の学区は、津波被害の大きかった地域です。復興工事が進み姿は変わってしまっていますが、人とのつながり,心のつながりは変わりませんように。


 ※サイト内検索で、思い出の出来事を見つけましょう!
  例:ガーデンを考える会・ゴーヤ先生・プロジェクション(マッピング)・〇〇小学校 など
18:00 | 投票する | 投票数(8)
12345