↓ メニューの右クリック!「新しいタブで開く」を選択すると広い画面で見られます!
 

原っこニュース

【原っこニュース】 >> 記事詳細

2018/02/15

2~5年唐桑小学校との交流活動

| by h-itou
今日の2・3校時,2~5年の児童が,唐桑小学校との交流活動に参加しました。
これまでよりも,より普段の授業に近い形で,国語や算数を中心とした教科の学習を行いました。
2年生は,体育と算数です。算数の時には,教室に児童数分の座席も用意していただき楽しく活動に取り組みました。
3年生は,国語と算数です。国語は,自分たちが考えた絵文字を発表し,感想を伝え合いました。算数では,ペントミノという教具を使っての学習でした。
4・5年生は,唐小5年生の「伝えよう,委員会活動」を一緒に行い,委員会の活動報告をもとに,来年度の委員会所属について考えました。
続いて,4年生は理科室で「物のあたたまり方」の学習として,水の温まり方の実験を行いました。5年生は算数「単位量当たりの大きさ」の学習として,自分の歩幅から距離を調べる活動を行いました。
本日の交流の様子を仙台放送様が取材していましたが,放送は閉校式以降になるそうです。

今日は,1年生が,小原木保育園のみんなを招いてた交流活動も行われました。
その様子については,明日以降お知らせします。
15:41 | 投票する | 投票数(10) | 授業

原小TOP「お知らせ」

H29年度
12345
2018/06/27

6/27 「一歩」のテレビ放送ありがとうございました!

| by web担当
5時15分頃からの放送でした。
東京都の中神小学校,群馬県の小野小学校唐桑小学校の子供たちが一緒に「一歩」を歌っているような画面の切替で番組が始まりました。
・東日本大震災以降、子供たちに寄り添って学校ボランティアとして活動した中内祥子さんが作詞し小原木小学校に贈った曲「一歩」が全国の学校に広がっていることを紹介してくださいました。
・全国・海外からいただいた数々の温かいご支援があって、「一歩」があって子供たちはしっかり育ってきました!
・改めてこれまで6年間に渡って多くの方々から応援していただいた物心両面での御支援に感謝の気持ちをお伝えします。ありがとうございました!
※小原木小の「きららき宝物ソングⅠ『一歩
』」は、唐桑小に引き継がれています!

【視聴者からのメッセージ
が番組の最後に紹介されました。
<ツイッター>
・東日本大震災は子供たちから自由や笑顔,子供らしさをまでを奪った。一人じゃない心はいつもそばに、子供たちの心細さに寄り添う優しい歌詞に涙が溢れました。
<メール>
・歌を通して震災のことを忘れない、被災者の心に寄り添う気持ちをいつまでも持ち続けることが大切だと思いました。
<ツイッター>
・歌が生まれた小原木小学校の学区は、津波被害の大きかった地域です。復興工事が進み姿は変わってしまっていますが、人とのつながり,心のつながりは変わりませんように。


 ※サイト内検索で、思い出の出来事を見つけましょう!
  例:ガーデンを考える会・ゴーヤ先生・プロジェクション(マッピング)・〇〇小学校 など
18:00 | 投票する | 投票数(8)
12345