皆様からの温かいご支援感謝しております。
We appreciate all the kind support we received.
 

平成31年度(令和元年度) 生徒会スローガン

     Be  a  Dreamer  ~ 未来へ羽ばたけ ~  (平成30年度) Break the Limit ~新時代を切り拓け~
 

平成31年度(令和元年度) 総務方針

  キーワード
 ・みんなで創る生徒会  ・全校生徒の意見  ・より良いものへと工夫  ・爽やかな挨拶  ・鹿折地区を活気づける存在
 ・支援に対する感謝の気持ち  ・中学生の元気な姿を発信し,…地域を「支える」存在に
 ・全校生徒が一丸となって伝統ある鹿折中73ページ目を築き上げる
  生徒会 総務方針31.pdf  生徒会 活動方針31.pdf
(参考:平成30年度)
 ・たくさんの笑顔と意見にあふれる学校  ・爽やかなあいさつ  ・地域との協力・連携  ・支援に対する感謝の気持ち
 ・中学生の元気な姿を発信し,…地域を「支える」存在に
  生徒会 総務方針30.pdf
 

作品紹介

〇 令和元年度 少年の主張 気仙沼・本吉地区大会 発表原稿「これからの僕たちへ」
    3年 新野  楓成くん  原稿「これからの僕たちへ」 .pdf

〇 令和元年度 本吉地方中学生弁論大会        発表原稿「信じる」 
         3年 畠山 詞 さん  原稿「信じる」.pdf

〇 令和元年度 平和に関する作文コンクール 3年 小野寺心優さん 「平和な世界を目指して」 原稿「平和な世界を目指して」.pdf
〇 平成30年度 「いじめ防止CM」応募作品(動画) 生徒会制作 「踏みだそう!その一歩!」 
   
CM 動画 「踏み出そう! その一歩!」.mp4
〇 平成30年度 平和に関する作文コンクール 3年 三浦 楓さん 「平和への一歩」
 平和作文30(三浦楓).pdf
〇 平成30年度 少年の主張 気仙沼・本吉地区大会 発表原稿「あの背中に」
    3年 伊藤  海麗 さん  少年の主張 原稿30.pdf
〇 平成30年度 本吉地方中学生弁論大会        発表原稿「つながりを広げて」 
         3年 岸 佑衣子 さん  弁論大会 原稿30.pdf
 

保健講話(10/29)の内容をもう一度確認しましょう

 10月29日(月)の保健講話の内容で確認したいところを掲載しました。自分自身や友達をよく理解したり,ストレスとうまく向き合うために活用してみてください。また,この他にも様々なことが気になるものです。小さなことでも構いません。担任の先生,養護の先生,カウンセラーさん,家族など,どんな人でも構いません。自分から相談したい人に相談してみましょう。
   
 ※ 大きくして見たい人は下をクリックしてください。(画像で見れます)
 1 わたしたち・ひとり.jpg  2 正反対の気持ち.jpg  3 自分でできる・人の力を借りる.jpg
 4 アドバイス.jpg  5みんなに好かれる人なんていない.jpg  6中学生の頃.jpg
 

生徒会企画「鹿中きれいの日」  月1の全校清掃活動

 
 「鹿中きれいの日」は,平成30年度から生徒会が始めた,全校生徒による自主的な清掃活動です。これは,毎月16日前後に開催しています。九九の「鹿(しし)=16(じゅうろく)」からその考えが導かれているようです。
 7月16日(火)に実施された「鹿中きれいの日」の内容は,校庭の「除草作業」でした。校庭の復旧から1年も経つと,校庭にはすっかり雑草が生えてしまいました。これまでもそうでしたが,今後,駅伝大会や運動会でも活用する校庭ですから,生徒会の皆さんは今回はこのような「除草作業」を提案してくれたのでしょう。大変助かりました。
 
 当日は,全校生徒の協力でだいぶ雑草がなくなり,校庭がすっきりとしたのですが,まだまだ手を加えて管理をしていかなければならない現実です。これからも,除草活動を取り入れ,増やしていきたいものです。今回は全校生徒が,縦割り班を6つ作って,この活動に臨みました。これによって先輩・後輩の絆も,活動を通して自然と深まっていったようです。なかなかいいアイディアでしたね。今後も「鹿中きれいの日」に期待をします。
 
 

挨拶運動 今年度も頑張っています!

 
 朝の挨拶運動,今年も生徒たちは頑張っています。本校の挨拶運動は多様な集団活動で進めているのが特徴です。学級ごとに,委員会ごとに,部活動ごとになどと,様々な集団がこの活動をします。この日の担当は吹奏楽部の皆さんです。朝日のまぶしい,とても清々しい朝,校門付近で挨拶運動のリーダーを務めてくれました。顧問の先生たちも一緒に活動しています。やはり8時少し前くらいが登校のピークの時間帯でしょうか。互いに挨拶を交わしながら,今日一日が気持ちよくスタートしているのです。当番の皆さん,ご苦労様です。
 もし,このような挨拶運動がなかったらどうなのでしょう。考えてみれば,挨拶運動をしなくても挨拶が爽やかに交わされる学校だったら,もっといいですね。私たちの目指すところはそこかもしれません。挨拶運動は「手段」。目的は自然と明るく挨拶の交わされる学校です。そのようになることを目指していきましょう。震災直後,鹿折中学校は「笑顔と挨拶」を,自分たちのためにも,社会のためにも大事にしました。その魂を今も求めていきたいものですね。