令和2年度 学校経営方針
  「未来を夢見る人間になろう」
笑顔があふれ何事にも挑戦する学校を目指して
 

令和2年度 鹿峰会テーマ

Revolution ~まきおこせ鹿中旋風~
 

令和2年度 鹿峰会 基本方針

 委員会活動の活性化を図る
◎各種委員会において,より一層積極的に意見を出し合い,活動の充実を図る。
◎地域の方々と関わりを持てるような活動を行う。
◎今年度も中央委員会を定期的に開き,互いにアドバイスをしたり,情報交換を行う。
福祉活動・奉仕活動に取り組む
◎ボランティアに対して関わっていくという気持ちが足りない生徒が多いことが課題である。これを踏まえ,一人一人が人の役に立つことの大切さを学び,自主的に物事を考え行動する精神を大事にしていきたい。
◎毎月16日(4×4)を「鹿中きれいの日」とし,普段清掃していない教室や場所の清掃を行う。
◎気仙沼市・鹿折地区・学校全体の復興も含め,ボランティア活動や募金活動への協力を行う。
生徒集会を自主的に進める
◎月2回の朝会のうち,1回を生徒集会として活動を行う。
◎総務が中心となって運営し,生徒集会で各種委員会からの月例報告や呼びかけを行う。
部活動を充実させる
◎失敗を恐れてしまい挑戦ができない生徒がいることが課題である。これを踏まえ,何事にも積み重ねを大切にし,一人一人が自信を持てるよう,互いに声をかけ合うなどして,挑戦しやすい環境を築く。
◎活動時間や服装などルールを遵守し,目標に向かって精一杯取り組む。
愛校心を向上させる
◎校歌・生徒会の歌を歌う際,一人一人の意識が足りず堂々と歌えていない生徒がいることが課題である。これを踏まえ,一人一人が鹿中生であることに誇りを持ち,より意識を高めていけるよう自己肯定感を育む。
◎公共物を大切にする。
◎感謝の心と思いやりの心を持ち,行動する。
◎行事などは明るく楽しく,真剣に取り組み,全校一丸となって盛り上げる。
学校生活をより良くする
◎自分から積極的に挨拶できていない生徒がいることが課題である。これを踏まえ,形態を工夫しながら挨拶運動を継続していくほか,普段から誰にでも挨拶を心掛け,「あいさつが 大峠山に こだまする」学校をより一層実現させていく。
◎各種委員会での呼びかけなどを工夫し,生徒心得を守り規則正しい生活を送れるようにする。
 
 鹿折中学校CAN DO リスト
 鹿折中学校 CAN DO リスト.pdf