皆様からの温かいご支援感謝しております。
We appreciate all the kind support we received.
 

地域の概要

  平成23年3月11日に発生した東日本大震災の津波と火災により,学区の中心部と南部は,壊滅的な被害を受けました。これにより,震災前には8,000名近くいた学区内の住民も,今は5,000名程度までに減少しました。
 現在は,学区内の旧市街地の復旧工事,鹿折川堤防工事が本格化しています。災害公営住宅が完成し,周囲に少しずつ商店や家も建ち始めています。しかし,あちらこちらで,まだ周辺道路の整備や宅地造成が進められています。また,大島架橋建設や気仙沼湾横断架橋の工事も行なわれており,大型トラックの往来も激しく,危険な交通事情となっています。さらに,河川の堤防工事のため,道路の通行止め箇所も多く, 安全な通学路をまだ指定できない状況が続いています。
平成31年春には大島地区と鹿折地区が橋で結ばれます
 写真は気仙沼湾の写真です。平成31年春には架橋により鹿折地区と大島地区が車で行き来できるようになる予定です。
 

生徒の様子

  震災時は,生徒の家庭は約6割が全半壊し,約3割の保護者が失職しました。そのため,現在も,仮設住宅等や学区外から通学している生徒,通学路が危険なため,スクールバス等で通学している生徒がいます。また,家庭への支援が必要な生徒も少なくありません。
 しかし,生徒は,震災に負けず,学校では明るい笑顔を多く見せています。大変素直な生徒が多く,前向きです。生徒会では,あいさつ運動等を通して学校生活を盛り上げています。
 学習に関しては,家庭学習の習慣が身に付いていない生徒がまだ多いようです。しかし,教師や保護者からの働きかけが功を奏し,少しずつ改善する傾向にあります。 また,学習成績も徐々にではありますが,震災前の状況に戻りつつあるようです。

 写真は震災後2ヶ月程度経ったときのものです。津波被害に加えて,火災が起こり,まるで戦場の焼け野原といった風景が広がっていました。
 

学校の状況

 震災後まもなく,校庭には120世帯が入居する仮設住宅が建ちました。しかし,約6年余りを経た,平成29年10月には仮設住宅に住んでいた方々が全員引っ越し,その後,仮設住宅解体工事が行われています。校庭の復旧工事は,予定通り進まず,平成30年6月末に使用開始と予定なっていますが,大幅に遅れている現状です。そのため,体育の授業や一部の運動部活は,数キロメートルほど離れた場所に設けていただいた仮設グランドで行うため,生徒は市で用意したスクールバスを使って移動して実施しています。
 この状態は,平成30年8月まで続きましたが,校庭の復旧工事が終了したので,2学期からは7年半ぶりに戻ってきた校庭を存分に利用して教育活動を行えるようになりました。

 写真は平成31年4月の校庭の風景です。桜と工事車両と部活動の生徒が写っています。

 

学校教育目標等

学校教育目標
 「 自ら未来を見据え,心豊かに,力強く学び続ける生徒の育成 」

めざす生徒像
 (知) 学ぶ意欲に満ちた生徒
 (徳) 認め合い,高め合う生徒
 (体) 目標をもち,心身を鍛える生徒

めざす学校像
 ・豊かな学びの多い学校
 ・互いに思いやり,ともに楽しく活動する学校
 ・登校することを楽しみに感じられる学校
 ・地域に愛される学校
 ・集う人たちが皆,安心感をもてる学校

めざす教師像
 ・分かる授業,楽しい授業をめざし,自己研鑽する教師
 ・生徒とのふれあいを大切にし,生徒を広く深く理解できる教師
 ・常に,生徒にとってより良い教育活動をめざす,意欲と創造力のある教師
 

学校経営の方針

 

部活動・委員会

◎部活動
 野球部
 ソフトボール部
 男女バスケットボール部
 男女卓球部
 女子ソフトテニス部
 サッカー部
 吹奏楽部
 特設陸上部
 特設駅伝部
 特設水泳部

◎委員会活動
 鹿峰会総務
 学級委員会
 防災委員会
 図書委員会
 保健委員会
 広報委員会
 放送委員会
 ボランティア委員会
 応援委員会
 選挙管理委員会